首のポツポツ(角質粒)の治療法一覧

 

首のポツポツは顔ほどよくは見ないために、サイズが大きくなってから気が付くこともあります。30歳を過ぎてから出てくる小さなイボは、老化が大きな要因の一つとなります。

 

肌に摩擦を受けたり、紫外線を浴びることによって、皮膚というのは老化現象を加速させていきます。老化が進んだ皮膚は細胞が増殖することで皮膚が盛り上がり、結果的にポツポツとした、老人性イボになります。年齢が上になるほどに、肌ダメージは受けやすくなります。

 

治療方法としては、まずは普通の皮膚科を受診してみることです。普通の皮膚科での治療であれば、保険適用での治療が可能です。皮膚科では、いくつかの方法で対処可能です。美容クリニックでの相談もできますが、施術のほとんどは自由診療で行っているクリニックがほとんどです。自由診療ということは、つまり全て自己負担での支払いになるということです。美容系のクリニックは、美容に特化した医療マシンを導入していますが、費用は高めです。

 

液体窒素での対処では、マイナス196℃という液体窒素を、気になるイボの部分に押し付けることで、焼くという行為でカサブタをつくり除去する方法です。施術に関しては痛みを感じやすいですが、保険適用であることがほとんどです。希にですが色素沈着することもあるため、皮膚専門の医師とよく相談することです。自由診療で少しお値段は高めになりますが、美容系のクリニックでのレーザー治療もあります。

 

レーザーでの除去の方法は、言葉だけ聞くとかなり痛みが強そうなイメージです。ですが医療機関で行うことですから、麻酔クリームや麻酔テープを使い、感じる痛みをコントロールすることができます。跡が残りにくいというのも大きなメリットであるため、お値段は高いですが、レーザーを選択する人の割合は多めです。再発しにくいというのも、レーザーのメリットでもあります。

 

内服薬としては、ヨクイニンという、ハトムギから抽出した医薬品を処方されるケースもあります。直接的に除去するものではないので、時間はかかります。

 

杏仁オイルをケアに取り入れて、毎日自分でお手入れをする方法もあります。杏仁オイルの場合は自然の恵みを見方にしたやり方ですから、医薬品のように病院で処方してもらう必要はありません。どの杏仁オイルを選ぶかに関しては、成分を比べながら慎重に選択をしましょう。素肌のターンオーバーを促進させますから、ゆっくりと時間をかけて肌悩みを改善に導いてゆきます。

 

 

首イボクリームランキング