首のポツポツ(角質粒)の原因や出来やすい箇所【まとめ】

 

今まではなかったはずなのに、首ぽつぽつとできるイボが増えてきた・・・実はこれは年齢を重ねると共にできてくる老化現象の一つで良性の腫瘍です。特に女性の場合見た目の印象が悪くなることが気になったり、ネックレスなどを使用するときに引っかかったりする、何かと邪魔になって嫌がられる存在です。

 

この首にできるぽつぽつは加齢が原因の老人性の角質粒で、皮膚の繊維と脂肪とでできており、首の周りなどのように皮膚が薄い部分にできやすいイボです。たくさんできてくると伝染する可能性があるのではないかと心配になりますが、実際には人に移ることはなく、体にも特に悪影響を与える腫瘍ではありません。

 

けれどもこのポツポツした状態の角質粒は、何もしなくてもそのうち自然に消えてしまうというものではありません。数も増えてとても気になる、どうしても治したいと考えるなら、自己流でこすったり削ったりすることは絶対にやめて、気になる場合は皮膚科を受診してイボを取り除くための治療を受けるのがおすすめです。

 

その際の治療方法としてはレーザーや液体窒素などを首にできたイボの部分に照射して焼ききるという治療方法が一般的です。

 

この老化現象でできるイボの原因のひとつに紫外線の影響が挙げられます。肌は紫外線を浴びることでダメージを受けてさまざまなトラブルを起こします。紫外線などの肌トラブルのひとつに、肌のターンオーバーの周期が乱れて肌が乾燥したり、角質が厚くなってざらついたりする症状が現れるため、UVケアクリームなどを使って紫外線の害を最小限に抑える努力も必要です。

 

そして首などにできるこの角質粒は、紫外線以外にも服やネックレスなどのアクセサリーをつけることの刺激によってできることもあります。

 

首のほかにもわきの下やデコルテ部、眼の周りなどのように皮膚が弱く薄いところに年齢と共にできやすいのが特徴です。年齢を重ねていくほどに肌の新陳代謝も衰え、ターンオーバーが上手くいかずに角質が肌に残りやすくなることでも起こります。

 

角質が硬くなった部分を柔らかくするために、軽い症状のイボにはヨクイニン(ハトムギ)や杏仁オイルを使用することも効果的です。ヨクイニンや杏仁オイルを使用することで皮膚が柔らかく滑らかになり、イボだけでなく、肌全体を生き生きとさせる効果も期待できます。乾燥肌が気になる人や、毛穴を目立たなくしたい、肌のきめを整えたい、ごわつく肌を柔らかくしたいという人にはヨクイニンや杏仁オイルでのお手入れはおすすめです。

 

 

首イボクリームランキング